アクセス解析
レンタル掲示板
未分類雑談不倫見つめ直し私の心トラウマ嫌がらせ・脅迫訴訟関係刑事事件関係

空と同じく気持ちも晴れわたる日が来ますように・・・。家族全員が笑える日が・・・どうか神様、願っています。 不倫発覚後に旦那がくれたメール。私の壊れた心が晴れる日は来るのでしょうか・・・
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.27 Mon
結婚指輪を外して、彼女に関わる物を捨てて、そして大事な車も捨てたのに、この街は簡単には変わらない。
風景は10年前と変わらない。

新しい気持ちで出直そうと大事な愛車を手放しても、新しい車で出かける先には、彼女と待ち合わせた河川敷や、彼女と一緒に見た風景が広がる。

私は、どうしようもない不安と恐怖に襲われる。
旦那はどんな気持ちで見ているんだろう・・・。
私とは違って、もうすっかり過去の事としてとらえているのだろうか・・・。
スポンサーサイト
2006.02.26 Sun
警察に被害届けを出してから3ヶ月程経つ。
担当してくれている刑事さんは、私の高校の同級生。
たまたま相談で電話した時、刑事課にいる事を知った。
何年か前にも一度相談に行っていて、その時も彼が担当してくれていた。
当時の調書も残っているという事で、今回もお願いしたのだ。

警察には、旦那が自分で行った。
私はもう、ショックと、人に会いたくないのとで動けなかったから。
前回相談した時は「疑い」だけだったのに、今回は違ったし。
「自分の不始末は自分でどうぞ」という気持ちもあった。

旦那は私の同級生に、自分の不倫の事実を語る羽目になった。
2006.02.25 Sat
昨日、心療内科を受診した。
「その後どうですか?」と聞かれて、何て答えようか迷った。

旦那の携帯に数日前に非通知で無言電話があった事、たぶん彼女だろうという事、警察の捜査に気付いてまたイタ電が始まったと思い不安だった事、刑事さんに確認したら捜査は進んでいなくて、彼女にも知られていないという事、精神状態は良かったり悪かったりの繰り返しだという事、など話した。

最近すごく落ち込んでひどかった事は言えなかった。

前に受診した時に先生に言われていた。
「そういう女と同じ土俵で勝負しようと思う方がおかしいんだよ」
「その女と同じ事(嫌がらせ・脅迫)があなたに出来ますか?出来ないでしょう?そういう人間なんだよ。」

そう言われても、まだその女を気にしてどん底まで沈んでしまう私。
過去だけに囚われて進めない私。
2006.02.24 Fri
事の発端は、会社の新年会だった。
毎年、新年会は温泉に泊まりだ。
いつもは出席しない彼女が、その年は珍しく出席した。

一次会が盛り上がった後、旦那は彼女の部屋に誘われた。
「彼氏の事で相談があるから来て欲しい」と。
男達は相部屋だが、女は彼女一人。

その頃たぶん旦那は、彼女を意識し始めた頃だと思う。
きっと喜び勇んで彼女の部屋に行った事だろう。
何かを期待しながら・・・。

だけど、その場では何も無かった(旦那談)
手を握る事も肩を抱く事もキスも無かった。

けど、これは彼女の計画だったと思う。
浴衣姿の女と2人きり。
旦那が行動を起こすのを待っていたのかもしれない。
2006.02.24 Fri
10年前、旦那が死ぬほど愛したその女は、私より3つ年上。旦那より2つ下。
旦那の会社の事務の仕事をしていた。

初めて会ったのは、私が22歳、彼女が25歳の頃。
当時、私は救急病院の事務をしていた。
その頃、旦那は尿管結石を患っていた。
私自身、夜中に何度も自分の勤める病院に旦那を運んだ。

そして、その日も旦那は激しい腹痛と吐き気を訴えて、私のいる病院に来た。
「どうやって来たの?」と聞くと、「会社の人に連れてきてもらった」との事。
それなら挨拶しなくちゃ、と駐車場に向かうと、そこには可愛い女性が。
それが彼女だった。
2006.02.24 Fri
今日は有給休暇。午後から心療内科の受診。
だけど朝からとても具合が悪くて・・・。

ここずっと、自分の感情に負けそうで、泣きそうで、気持ちがすごく不安定。
落ち込みがひどい。どん底まで滅入って鬱状態。
頭の中は、旦那と彼女の事ばかり。

毎日、仕事帰りは旦那が迎えに来てくれる。
建築関係の仕事をしているから、現場を調整して、ほとんど毎日来てくれる。
昨日もちゃんと来てくれた。
だけど、私は拒否してしまった。
「帰りたくない。どこか泊まるから仕事戻って」って。
2006.02.21 Tue
冬の日の晴れた空が好きだった。
今日は綺麗な青空だった。
私はこの空が大好きだった。冬が好きだった。
今までは・・・。

地面にはまだ雪がある。
太陽は雪を溶かす。
そうすると、私は雪の下からまた何か出てくるんじゃないかと不安になる。
雪が溶けるのが怖い。

毎日、車も必ず確認する。
不倫のせいで手放した私の愛車。
その後買った新しい車。ほとんど乗っていない。
けど、必ず確認する。またキズつけられてないか・・・。
郵便受けを見るのも怖い。
また変な手紙が入っているかもしれない。
部屋に入って最初に見るのは電話。
留守電のランプが点滅していないか、非通知の電話がきていないか。

これが毎日の私。毎日この繰り返し。
2006.02.21 Tue
昨夜、私の精神状態は不安定だった。
久しぶりに家出したい衝動にかられた。
なんだかとても寂しかった。不安だった。

今までは、子供と一緒に9時には寝てしまっていた旦那も、
不倫が発覚してからは、私の精神状態を気にして、私が寝るまでは寝ない。
必ず一緒に上に行く。

だけど、最近は下の子が旦那にベッタリで、
「お父さん、一緒にお風呂入ろう」
「お父さん、一緒に寝よう」

ずっと私が夜のお父さんを独占していたから、子供も寂しかったのかもしれない。
そう思ったから、自分の気持ちは後回しにして、旦那には先に寝てもらっていた。
そんな事がここ何日も続いていた。
2006.02.20 Mon
第2の結婚記念日に決めた9月25日。
それは彼女からの嫌がらせを終わらせた日。
そして、その後迎えた本当の結婚記念日。
正しくは入籍記念日だけど、私は結婚式をあげた日よりも、この日を大事に思っている。
やっと2人一緒に暮らせるようになった日だから・・・。

こんな事があって、私から「喜怒哀楽」の2つが消え、気力も無くなり、希望も未来も見えなくなってしまったから、今年の記念日は普通の日と同じようにしか過ごせなかった。

「何が欲しい?」「何がしたい?」と聞かれたけど、全然思い付かなかった。

年が明けるまでは、新しい結婚指輪が欲しいと思っていた。
結婚した時の指輪は、手紙を発見した頃に外したから。
今回の事で、もう二度とはめないと心に誓ったから。

でも、時間が経つにつれ、それもどうでもよくなった。
何度も裏切られたのに、今さら誓いの指輪なんて・・・って。

2006.02.19 Sun
最近、PCの調子が悪い。
更新に時間がかかる。・・・というか、更新しようとすると回線が切れてしまってたり・・・。
プレビューした途端に消えちゃうからコワイ。
そうすると最初からまたやり直し(涙)
ただでさえ、今しようとしてる事すぐ忘れちゃうのに。

心療内科の先生の話だと、この記憶障害みたいなのは、「解離性障害」というらしい。

すごく辛い事に遭遇した時の後遺症みたいなもので、「現実から逃れたい」という気持ちが強くなると、今現在の記憶が飛んでしまったりする。
旦那が呼ばれて説明されてた。
これは怖いんだよ、って。もっとひどくなると別の人格が出てくる、いわゆる二重人格・多重人格という事にもなりかねない・・・って。

2006.02.19 Sun
中絶・・・。

旦那は「これは絶対嘘だ。あいつの狂言だ。これだけはオレ自信ある」

別れ話でさんざんモメて、死ぬの生きるの、カミソリ出して手首切って見せたり、旦那の手首まで切りつけたり、そういう泥沼状態の時に、いきなり彼女が言ったらしい。

「あんたの子、堕ろしてきたんだからね!」

もうその時点で彼女は狂っていたし、顔や表情・態度を見て、旦那は嘘だと思ったと言う。
自分を繋ぎ止めるための狂言だと。

実際、その頃はイタ電や嫌がらせによって、彼女に対する気持ちはかなり冷めていて、会っても関係を持つ事がほとんど無かった。
避妊も必ず(挿入前から)していたから、万が一妊娠していたとしても自分の子ではなく彼氏の子だ、と。
病院の診察券も、領収証も、一切見せられなかった。
絶対違うと旦那は言った。

私は不安だった。信じていいのか・・・。
もし、本当に旦那の子を堕ろしていたら?
私はどうしたらいい?命なんだよ?

死ぬより辛いと思った。
2006.02.18 Sat
私は最初の子を流産している。
結婚して1年くらいの頃だったか、子供が欲しくて欲しくて、それでも毎月ダメで・・・。
その都度気まずくて険悪になった。

そんな事を何ヶ月か繰り返した頃、お腹の痛みと共に出血があって、
「ああ、また生理きちゃった」とガッカリ。
でもなんか違う。痛くて動けなくなった。
血の色もいつもと違うような・・・。

旦那に連れられて婦人科に行った。
診断されたのは「子宮外妊娠」
ここでは手術が出来ないから大きい病院を紹介しましょう、と先生。

手術って何?どうなるの?もう子供が出来なくなるの?

病院に向かう車中で私は狂ったように泣いた。
やっと妊娠できたのに。やっと赤ちゃん来てくれたのに・・・。
2006.02.17 Fri
人間て、こんなにいっぱい泣けるんだな・・・って、今回の事で初めて知った。

発覚した当時は、それはもう狂ったように泣いた。
精神状態も普通じゃなくて、自分で自分の心がコントロール出来なかった。
そして、それがとても辛く苦しかった。

どうにもならない悲しみや絶望・脱力感。
自分の感情に疲れ果てていた。

どうしたら落ち着くのか、どうしたら平常心に戻れるのか・・・。
取り乱して泣いて暴れて、旦那に押さえつけられて・・・・。
体中アザだらけで、毎日あちこち筋肉痛だった。
2006.02.16 Thu
不倫の告白を聞いた時、私の時間は止まってしまった。
私の心は10年前に戻ってしまった。

あの頃、私は何してた?
帰りの遅い旦那を、家族のために残業して大変だな、若いからってコキ使われて可哀想だな、って信じて待っていた。

だけど旦那は、彼女を抱いていた。

私が子供を保育園に預けながら、生活のためにフルタイムで働いて頑張って稼いだお金を、彼女とのホテル代やプレゼントに使っていた。
2006.02.15 Wed
こんな事が無かったら、私達は今頃幸せに暮らせていたんだろうか。
それとも、世間一般にいう「空気のような存在」だったんだろうか。
結婚前とは形の違う愛情。
男と女としてではなく、父親と母親としての、生活する上でのただのパートナーだったんだろうか。
お互いを思いやる事なく、愛情を感じる事もなく・・・?

「どんな出来事にも意味がある」って何かの雑誌で読んだ。
こんな悲しい事にも意味があるなんて、神様も残酷な事をするものだ、と思った。
でも、もし本当にそうだとしたら、それは、お互いを見つめ直す機会だという事かもしれない。

今となっては、結果的に最悪な過去を引きずる一生となってしまったけれど、
その分これからの人生は、お互いに助け合い愛し合い、支え合って生きて行けると思う。
そう前向きに考えて生きていければいいのにね・・・。
2006.02.14 Tue
旦那が彼女と付き合っていたのは、娘が2歳~3歳の時。
そして娘が3歳の時、私は2人目を妊娠した。
彼女との関係が会社にバレて、彼女がクビになり、2人の関係が終わったのは、そんな時期だった。
旦那の失踪事件が発端だった。

その日の前夜、手紙の一件でまたモメた。
かなりひどく喧嘩したのを覚えている。
私の頭の中は疑惑だらけだったから、すごく取り乱して責めたと思う。

次の日の朝、旦那は普通どおりに出勤した。
普通に会社に行く格好をして、普通に会社の車で。
でも実際は出勤していなかったのだ。
2006.02.13 Mon
今日は、朝から心臓がドキドキして、なんだかわからないけど、不安と恐怖で壊れそうだった。
このまま倒れちゃうんじゃないかと思うくらい、ドキドキして苦しかった。
息も出来ないくらいだった。
言いようのない不安感に襲われた。
昨日の旦那の言葉や態度が影響してる・・・?
それとも、最近ちょっと調子がいいからと薬を飲まなかったせい・・・?
仕事に行きたくなかった。誰とも会いたくなかった。

案の定、仕事中具合いが悪くなって大変だった。
トイレに何度も駆け込んだ。
頭は痛いし、お腹も割れそうに痛いし、吐き気までしてきた。
フラフラして貧血みたいな感じだった。
2006.02.12 Sun
どうしたら彼女を超えられるか分からない。
どうしたら彼女より愛してもらえるか分からない。
どんなに「好きだ」「大事だ」と言われても、私の心の中は不安でいっぱいだ。
自分が悪い事してしまったから、罪悪感があるから、知られてしまったから、無理に私を好きになろうとしてるんじゃないのか・・・?
本当の愛情とは違うんじゃないのか・・・。

あの日から私は、夫婦の時間・家族の時間を大事にしようと頑張っている。
無駄にした10年間を取り戻そうと焦っている。
だけど、いつも毎日思い出さない日はない。
旦那の一言、旦那の態度ひとつで、私の精神状態は決まる。
仲良くしようと思っていても、ちょっとした事で鬱になったりする。

私とは正反対の、小さくて可愛くて守ってあげたくなるような女。
私はいつも彼女に敗北感を感じている。

2006.02.11 Sat
旦那と彼女の繋がりは、昨年の9月25日、私の目の前で終わった。
メールで何度も何度も説得して、2日がかりでやっと終結した。
私達夫婦は、この日を「第2の結婚記念日にしよう」と決めた。

だけど、私はまだ不安だった。
本当に旦那は全て真実を語ったのか。
まだ嘘があるんじゃないのか、まだ隠してる事があるんじゃないのか、まだ私を騙してるんじゃないのか・・・?

彼女から来たメールも気になる。
「(奥さんに)私の話も聞いてもらいたいです。一方の言い分は良くないですから」

私は、一週間以上悩んだ。
悩んだ結果、彼女にメールしてみる事にした。

私が携帯を持っているのを、旦那は彼女にずっと隠してきたみたいだし、私自身アドレスを知られて、また脅迫や嫌がらせが始まるのは避けたかったので、PCのフリーメールを使う事にした。
彼女がちゃんと読むように、アドレスは旦那の携帯から引用した。

「mikaです。あなたの言うように、一方の言い分は良くないと思います。本当の事が知りたい。教えてください。過去の事、旦那との事。真実を知らないと先に進めない」

彼女から返事が来たのは、それから2日後の事だった。
2006.02.10 Fri
初めて心療内科を受診した時、私は言葉がすぐに出てこなかった。
頭の中がごちゃごちゃで整理出来なかった。
口を開くと泣きそうだった。

その日は旦那に送ってもらって、彼は待合室で待っていた。
そぐそこに旦那が居る。頑張らなくちゃ。

私はポツリポツリと話し始めた。
「実は、10年前から・・・」
言い始めた途端に私は泣いてしまった。

2006.02.09 Thu
一昨日、旦那の携帯に非通知の着信が2件あった。
1回目は、忙しくて出れなかった。
2回目は、「もしもし」の後ずっと無言。しばらくして切れた。
きっと彼女だ。私も旦那もそう思った。

彼女との不倫を旦那が告白したのが昨年の9月23日。
彼女をメールで説得して、やっと嫌がらせを終わらせたのが2日後の25日。
それだってすごく大変だった。
それ以来、イタ電も嫌がらせも無くなっていたのに。

怖い。また家の周りを確認しなくちゃ。

昨年の今頃、車の助手席側のミラーに買い物袋がくくり付けられていた事があった。
中身は旦那の物と思われる古いTシャツとコンドーム。車の側面は凹まされていた。
仕事から帰ってきたら、車のワイパーに古いTシャツがきちんと畳まれて挟まれていた事もあった。家の前の雪かきをしていたら、今度は雪の中からコンドーム。そして、そのまた何日か後、家の駐車場の前にコンドームを何個もばらまかれた。ラブホのライターを置かれた事もある。

そんな事が続いて、その頃の私は家に帰るのが嫌になっていた。
「帰りたくない」と言って、何度家出した事か・・・。

それでも旦那は不倫の事実を隠していた。
2006.02.08 Wed
今日は結婚記念日。
結婚してから、もう15年目だ。
旦那と2人「やり直そう」と決心して、そして迎える記念日は、
豪華なごちそうが出てくる訳でもなく、プレゼント交換する訳でもなく、
いつもと変わらないごく普通の平凡な1日。

5年生の娘と1年生の息子からは、私のパソコンに素敵なグリーティングカードが届いた。
「結婚記念日おめでとう。お父さんと仲良くね」

最近の私の様子や、夜中にコソコソと旦那と話し合ってるのを
きっとこの子達は不思議に思っている。
娘は、私が夜中に取り乱して泣いているのを何度か見ている。
子供達にまで飛び火して、不憫な思いをさせている。
そう思うと、自分を責めてしまう。寝顔を見ると泣けてくる。
ごめんね、ごめんね。
いつも心の中で叫んでる。

2006.02.07 Tue
旦那の告白から、もう4ヶ月以上経つ。
だけど、まだ頭の中は混乱している。
精神状態も普通じゃない。
イライラしたり泣きたくなったり、時には旦那を前に発狂する。
やっと仕事に行っていて、やっと毎日生活している。
あまりにいろんな事があり過ぎて、何から書いたらいいのか・・・。

今朝は悪夢で目が覚めた。
あの女が私の行く所行く所全てに先回りして現れる。
じっと私を睨んでる。
ここなら来ないだろうと逃げ込んだ何処かのビルの一室。
あの女は来なかったけど、そこには荷物が届いていた。
箱でもなく封筒でもない、風呂敷包みの。
開けたら中から出て来たのは「喪服」
それも砂や泥がかけられた汚い喪服。
私は崩れ落ちた。
そして、そこで目が覚めた。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。