アクセス解析
レンタル掲示板
未分類雑談不倫見つめ直し私の心トラウマ嫌がらせ・脅迫訴訟関係刑事事件関係

空と同じく気持ちも晴れわたる日が来ますように・・・。家族全員が笑える日が・・・どうか神様、願っています。 不倫発覚後に旦那がくれたメール。私の壊れた心が晴れる日は来るのでしょうか・・・
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.30 Fri
2週間後の心療内科受診の時、先生に言われた。
その日は、私も冷静で平常心で聞けた。

「警察(私の担当刑事)が病院に来ていたよ。
書類を持って来て、それに回答してほしいと言われたよ」

と、先生はカルテに貼り付けた書類を見せてくれた。

そして、「この書類には書けない」と断ったと言った。

スポンサーサイト
2006.06.30 Fri
心療内科の診察を逃げ出した2月から、もう3ヶ月以上経つ。

ずっとイライラと興奮状態と鬱の繰り返しで、自分自身あまりに苦しくて、
旦那に頼んで、受診日を予約してもらった。(完全予約制なので)

3ヶ月ぶりの心療内科は、私のアムカ事件から2日後だった。

気持ちはだいぶ落ち着いてきていたものの、まだまだ不安定で、
診察室に入った時には、涙ばかり落ちてきて、何も喋れなかった。

見かねて、先生の方から話し出した。


2006.06.29 Thu
旦那の事情聴取が終わった後に、警察(刑事)から、
「今度は今月中に女の方を呼びますから」と言われた。

事前に連絡すると言われたのに、今になっても連絡がないという事は、
きっと、また先延ばしという事だろう・・・。
もう今月も終わってしまう訳だから。

そうやって、何度も何度も期待を裏切られてきた。
今更もう、どうって事ない。
「またか・・」という感じだ。
2006.06.27 Tue
6月9日、旦那の一回目の事情聴取。
何をしたかと言うと、私の調書取りとはだいぶ違っていて、
今までの10年間、相手からされてきた嫌がらせの内容を詳しく聞かれただけ。

レポート用紙に、箇条書きにまとめた物を証拠として提出していたのだが、
それについて、刑事さん側からいくつか質問があったらしい。

例えば・・・。
「家の前でクラクション長押し」とは?とか。
「風呂場の窓からコンドーム」とは?とか。

それを、旦那が詳しく説明する。
といった内容だったらしい。

その日は、それだけでおしまいで、
それを基に調書を作成するから、後日来て見てほしいと言われたと言う。

2日後くらいに、警察側から連絡が来て、旦那が出向いた。
2回目の事情聴取。

調書を見せられ、これで間違いないかと聞かれた。

了承し、調書の作成の終了。

2006.06.23 Fri
旦那は、すごく落ち込んでいるようだった。
その日の夜、布団に入ると旦那が言った。

「お前の身体、こんなにしてしまって・・・オレ、どうしたらいい?」

このセリフだけは鮮明に覚えてる。
けど、私自身は興奮と疲れのせいで、何を言ったか、何と答えたか覚えていない。

たぶん、「傍に居てくれればそれでいい」みたいな事を言ったと思う。

2006.06.21 Wed
私は、割れた破片で、自分の左腕を、大きく、それも思いきり切り裂いた。

「あっ、ばっ!何やってる!」

旦那が叫んだ時には、もう遅かった。
グロテスクに裂けた腕からは、血がどんどん溢れ出た。
床は血の海だった。

旦那が、そばにあったタオルで傷口を押さえた。
脇をもう1本のタオルで力いっぱい縛った。
私の左腕を、頭より高く上げた。

私は、自分のした事にビックリして、血の多さに卒倒寸前だった。

2006.06.21 Wed
事件が起こった日。
多分、あれは日付が5月28日に変わってから。
救急へ走ったのが深夜だったから・・・。

前日の「家出」騒動から一夜明けて、少し落ち着いていたはずなのに・・・。

治まらないドキドキ感とイライラ。
警察が動かない焦り。
旦那ののんびり構えている姿勢。

とにかくもう、ひどい『鬱』状態だった。

2006.06.19 Mon
何分くらい、そうやって泣いていただろう・・・。
いつまでも此処に居ても仕方ない。
どうせ女も帰ってしまったし・・・。

そう思って私はシートを起こし、とりあえず駐車場から出た。
あちこち彷徨って、最後に市の中心部の大きなショッピングセンターへ向かった。

もう真っ暗で、店もほとんど閉まっていたから、車もまばらだった。
その真ん中に車を停めて、またシートを倒した。

何度も何度も、悔しくて、情けなくて、涙が出て来た。
ティッシュ片手に、ずっと泣いていた。

2006.06.17 Sat
何度か、女の職場と自分の車を行き来しているうちに気が付いた。
旦那が同じ駐車場にいる。
隣りには義兄を乗せている。

何をしてるの?
ただ私の行動を見ていたの?
ただの傍観者なの?

私は相手を殺すって言ってるのに。
何の為にそこにいるの?
止めさせるんじゃないの?
馬鹿みたいだと笑うため?
どうせ出来ないだろうと笑うため?

2006.06.16 Fri
その日、娘は部活だった。
いつものように、旦那が7時に学校に迎えに行って連れて帰ってくる。
家にいるのは2年生の息子だけ。

出かけたい。あの女の会社に行きたい。
一目顔を見て、罵倒して、一発でいいから殴りたい。

毎日、女の会社の終わる時間になると動悸がしてくる。
私、このままこうして家に居ていいのだろうか・・・。
女の車を確かめたい。
家を知りたい。

向こうは、私の家も、実家も、家族も、車も、
何もかも知っていて、今でも家の周りを徘徊しているかもしれないのに。
なぜ私は相手の事を知ろうとしてはいけないの?

2006.06.15 Thu
5月26日、「精神崩壊」の記事をupした日。
あれは、自分の抑え切れない感情を殴り書きしたもの。
あの時には、もう既にパニック障害の傾向が出ていた。

じっとしていられない。
身体中に震えが走る。
イライラする。
居ても立ってもいられない。

息苦しい。
ドキドキする。
何かしなくちゃいけない。
私が何かしなくちやいけない。

2006.06.15 Thu
ずっとずっと前から、私はかなりの鬱状態だった。

自分ばかりが不幸だ(旦那も女も不幸じゃない)と思っていた。
自分の人生を悔やんでばかりいた。
自分がした事じゃない、旦那がした事の後始末をしている。
旦那が自分で出来なかった事の尻拭いをしている。

すごい喪失感があった。
絶望とも無気力とも違う、どうしようもない感情だった。

警察も動いていない。
被害届を出してから何ヶ月経つの!
電話をすれば、いつも 「今月今月、あと少しだから」
「気が揉めるだろうけど、本当にまもなくだから」

そんなの信じられない。
誰が裁くの?
警察を信じて任せたんでしょ!
警察まで嘘ついて裏切るの!

もう誰も信じられない・・・

そんな気持ちだった。

2006.06.09 Fri
なかなか更新出来ずに、心配かけてごめんなさい。
皆さんから沢山のコメントをいただいているのに、お返事も出来ない。

この何週間かで、いろいろな事がありました。
かなり自暴自棄になっていたと思います。

今日は、やっと旦那の方の事情聴取です。
昨日、刑事さんから電話が入ったそうです。

その話も含めて、今後少しずつ体調の良い時に、
今までの出来事を書いていこうと思います。

皆さん、本当にありがとう。

私は、ずっとずっと皆さんに励まされ支えられてきたのに、
あまりに辛くて苦しくて、自分は独りで、誰も私を解ってくれないと、
自分の人生を悔やみ、旦那のした事を恨み、この世の果てのように落ち込んでいました。

これからは、与えられた命を大切に、
悩み苦しみながらも、前を向いて進みたいと思います。

ほんのちょっとずつでもいいから・・・。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。