アクセス解析
レンタル掲示板
未分類雑談不倫見つめ直し私の心トラウマ嫌がらせ・脅迫訴訟関係刑事事件関係

空と同じく気持ちも晴れわたる日が来ますように・・・。家族全員が笑える日が・・・どうか神様、願っています。 不倫発覚後に旦那がくれたメール。私の壊れた心が晴れる日は来るのでしょうか・・・
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.29 Sat
旦那と初めて会ったのは、19歳の時だった。

会社の人(現在の義兄)の弟だった。
義兄が旦那を連れてきた。
免許を取った私の為に、一緒に車屋さんに行ったんだ。
「弟が車屋に知り合いが居るから」と。

今でもちゃんと覚えてる。
6月5日。旦那の誕生日の翌日だった。

そして、今年の6月5日に、旦那にメールを送った。
スポンサーサイト
2006.07.27 Thu
10年間の彼女からの嫌がらせの証拠は、全て警察に提出した。
もちろん、私が発見してしまった手紙も、旦那との昔のツーショットの写真も、
メールの記録も、イタ電の記録も、ばら撒かれたコンドームも、
ラブホのライターも、脅迫状も、当時の私の日記も、全てだ。

彼女は、私とのメールのやり取りで、物損だけは認めなかった。
「他人の所有物を壊す」という行為が罪になると自覚していたからだろう。

だけど、我が家の車は新車のうちに4ドアとボンネットにキズをつけられたし、
パンクも何度もある。2本いっぺんにパンクした事もある。
旦那の車は、資格試験の当日にやられていた。

でも、彼女が壊したのは、物だけじゃない。
それは旦那に対しても言える事だけど、
誰かの大事な一度きりの人生を壊し、誰かの強かった心さえも壊してしまった。
それを肝に銘じて、これからの人生を歩んで欲しい。

彼女が、起訴されるか不起訴になるか、起訴猶予なのかは分からない。
情状酌量で無罪かもしれない。
旦那に騙されたのだ、と主張するのは目に見えている。

けれど、犯罪行為を10年続けた事は、彼女も自覚しているのだから、
今後の人生は、他人に迷惑をかけず、罪を償い、心を入れ替えて生きてほしいと思う。
2006.07.26 Wed
昨日、旦那が警察に呼ばれた。
彼女を呼ぶ前の、調書の最終確認。
2時間半ほど、警察で刑事と話して来たらしい。

他で何も事件が起こらなければ、明日(今日)、任意で引っ張るという事だった。
ここ数日ずっと、彼女の身辺調査を行っていたようだった。

先月も、結局あの後2件ほど大きな事件があって、彼女を呼べなかったと言われたらしい。

そして今日、やはり事件が入って延期になってしまった。
また来週に持ち越し・・・。

警察の話では、
最初は任意で、拒否された場合は、説得して頑張って、
それでもダメなら、逮捕状を持って連行、という流れらしい。

延期になってしまったけれど、着実に警察の手は彼女に伸びている。
2006.07.24 Mon
彼女の、尋常じゃない男関係の話を聞いてからは、
「あの女はただの尻軽女だ」という感覚が自分の中に出来てきて、
今までみたいに、彼女と自分を比べて苦しむ事も少なくなった。

時々、旦那の自分に対する態度で彼女と比べてしまったりはするけれど、
私の気持ちの中では、だいぶ楽になったと思う。

旦那の事も憐れに思ったりする。
きっと、当時は彼氏より自分が一番想われていると思っていただろうから。
彼氏どころか、他にも何人も男がいるなんて微塵も思わなかっただろう。
なんか、ちょっと惨めで可哀想・・・。

あれから、警察の動きもない。
また期待はずれ。でも、予想してた事だから。

先月末までには、彼女の事情聴取だと言っていたのに、もう今月も終わりだし。
未だ連絡が無いという事は、まだ予定が無いという事だろう。

コメントをくださる方から「因果応報」という言葉をいただいて、
私もよく考えるようになった。
彼女にも報いがあるはずだ、と・・・。

だから焦らずに待とうと思う。
2006.07.19 Wed
つい先日、旦那の会社の同僚(旦那の同級生・独身男性)と話をする機会があった。
彼masaさんは、旦那の 失踪事件 の時に、旦那を探し回ってくれた人だ。
我が家にも来て、彼女との事を私に聞かされ、会社に戻ったあの人だ。

あの日、ニュースで 『一家4人無理心中事件』 が報道され、
「もしかして・・・!」と、飛んできてくれたらしい。その時に聞かされた。

発覚後、会社の中でmasaさんだけには、彼女との関係を打ち明けていた。

2006.07.16 Sun
義母の法事に行ってきた。
実家の義父・義兄家族と、私達家族だけの小さなもの。

内心ドキドキしてた。
義父から、今回の旦那の不倫の事、何か言われるんじゃないかと・・・。

けど、何も、本当に一言も無かった。

ただただ、「しばらく見ないうちに子供達が大きくなった」と、
いつものようにガハハ~と大声で笑ってた。

いくらでも、私を呼び止めて声をかけるチャンスはあったのに。

ちょっと憤りを覚えた。
なんか・・・少し腹が立った・・・っていうか。

旦那と二人きりで、墓の掃除や準備に行ったりしてたから、
後で旦那に聞いてみたけど、その時も何も言われなかったって。

私に謝るのが嫌でも、実の息子に諭す事くらい出来ないのか・・・。
「お前ってヤツは、何やってるんだ」って一言言えないのか。

人付き合いに疲れただけだった。
気持ちは、モヤモヤしたままだった。
2006.07.14 Fri
明るい自分を取り戻そうと、最近必死になってる。
早くこんな鬱状態から抜け出したい。
焦り・・・かな。

そのせいか、やたら疲れる。
仕事も忙しいし。
頭も身体も心も、全部が疲れてる。

そして、時間が足りない。

夫婦で過ごす時間。
解り合うための時間。
話をする時間。
寄り添う時間。
傷付いた心を癒す時間。

2006.07.12 Wed
今日は、久々にかなりのパニック状態。

旦那に嫌がらせの電話をしたり、大声で責めたり、
もう私はおかしいし馬鹿になってる。

昨日の夜から兆候はあったけど、
やっぱり引き金になったのはあの言葉。

「彼女に夢中になってた」

彼女のどこに?「しいて言うなら顔・・・」
だから私は、私の顔は大嫌いだ。
どこをとっても彼女となんて全然似てない。
まるっきり正反対。

彼女のようにつり目じゃない。
可愛い顔じゃない。

なによ、やっぱり小さくて可愛かったから好きだったんじゃない。
何が、「たまたま近くに居たから」よ。
今の事務の子だったら手ぇ出さなかったくせに。

イライライライライライラ・・・。
あーもう、今日は私はおかしいから、
だから、落ち着くように少し寝ます。

手が震えて勝手に涙が出てくる。

旦那って、そんなに魅力ある男なの?
あの女って、夢中になるような要素のある女だったの?

もう頭の中ごちゃごちゃで訳分かんない。

ごめんなさい。やっぱりもうダメ。
休みます。
2006.07.10 Mon
半袖が着れない。
左腕には肘用の大きなサポーターをしている。
自転車で転んだと嘘をついて、カモフラージュに右肘にもしている。

家の中でもだ。
子供達に知られたくないし、知られたら子供達の心を傷付けるから。
旦那が浮気をした事、私が心を壊しておかしくなっている事、
それらは全て、私が墓場まで持っていくと決めたから。

絶対に、子供達には知られてはならない・・・。

職場で、更衣室で着替える時、同僚に「まだ痛むの?」と聞かれ、
「ちょっとね。冷えたり湿気があったりすると痛いから・・・」
と、また嘘をつく。

毎日、更衣室での着替えが一番嫌だ。
だんだん暑くなってきたから、長袖も不自然になってきた。

2006.07.08 Sat
いつだったか、子供の部活の集まりでお母さん連中が集まった時、
誰からともなく愚痴話になって、みんなが旦那の愚痴を言い始めた。
私は、入っていけなくて、ただみんなの話を聞いていた。

そしたら、一人のお母さんが、
「いいじゃないのー。人に騙される事なく、裏切られる事なく過ごせてるだけで」

その言葉を聞いて、私は、
「ああ、みんなは(普通は)、そうやって平凡に暮せているんだよなぁ・・・」
「裏切られたり、浮気されたりなんてしないよなぁ、普通・・・」
って虚しくなったのを覚えている。
2006.07.08 Sat
七夕の夜の散歩の事など、旦那の頭からは忘れ去られてしまっていて、
私も何だか悔しくて、自分からも誘わずに、昨日は寝てしまった。

ちょっと ムカッ (-"-)

今日は、現場が動いているから、旦那はご出勤。
「昼には、たぶん戻れるよ」
と、言いつつ、結局まだ来ない。

メールしたら、「ごめん、5時頃になりそう」

明日も、一回現場見に行かないといけないって言ってたし。
結局、夫婦の時間て、すごく少ないんだよね。

発覚後から、夫婦・家族の時間を大事に・・・って心掛けてはいるけれど、
やっぱり思うようにはいかなくて。
なんで、もっと早くからこうしてやってこれなかったんだろう・・・と悔まれてしまう。

みんな、こんな感じで焦りながら再構築してるのかなぁ・・・。
2006.07.07 Fri
昔、旦那が彼女に夢中になっていた頃、
私は旦那に全然相手にされなくて、寂しい毎日を過ごしていた。

私が抱いてもらえるのは、月に1度。
きっと、それは毎週逢っている彼女が月に1度の出来ない日。

そんな事も知らずに、一生懸命誘う私。
間に合っているから、妻なんて抱きたくない旦那。

そして、すれ違い・・・。

2006.07.06 Thu
七夕の7月7日は、1年に1度だけ織姫と彦星が逢える日。

子供が生まれてからは、子供中心の生活で、
保育園・幼稚園の行事に参加して過ごしていた。

それまでは、田舎のお祭りに一緒に歩いてた。
ちっちゃな神社のお祭りだったけど、
七夕のデートには、すごく意味があるような気がしてた。

毎年その日は、私達にとって特別な日だった。

お祭りの帰りに花火をしたりした。
写真を撮って、ビデオも撮った。

なんだか、すごく懐かしくて、遠い幸せの記憶のよう・・・。

今年の七夕は、雨かなぁ・・・。
織姫と彦星は、ちゃんと逢えるのかなぁ。

そう呟いたら、旦那は、「きっと逢えるよ」と言った。

私は、大好きな人と、綺麗な夜空の星の下を、
手をつないで歩きたい。

小さな夢が、叶いますように・・・。
テーマ:呟き - ジャンル:結婚・家庭生活
私の心    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2006.07.05 Wed
パニックが怖くて、薬が手放せなくなった。
自分が取り乱して騒ぐ姿は、もう旦那に見せたくない。

けれど、時々不安になる。
自分が、旦那にとって、どんな存在なのだろうかと考える。

少しでも「粗末にされている」と感じると、また私はおかしくなる。
何も考えられなくなる。
落ち込んだり、イライラしたりする。

なるべく抑えようと努力はしているけれど・・・。

自分の中に、旦那の「不倫」を仕舞い込んでるだけ。
頑張って努力して、胸のずっと奥に隠してるだけ。

だって、絶対に、忘れる事も記憶から消す事も出来ないから。
だから、せめて仕舞い込んで、なるべく明るく振舞っている。

無理してるなー・・・と思う事も時々ある。

自分でも気付かないうちに疲れてる。
足が痺れてきたり、眩暈したり。

動けなくなってしまう事もある。

だけど、平和だから。
今は、とても穏やかで平和だから、それでいい・・・。
2006.07.04 Tue
彼女からのイタ電は、10年間続いた。
発覚後も、たぶん彼女だろう・・というものが何件かある。

最初は、何からだったのか、今はもうハッキリ思い出せないけど、
まず、家に対しての無言・ワン切り・出ると切れる、という電話。

無言に関して言えば、何十分でもずーーーっと無言。
あとは、紙をクシャクシャと丸めるような気持ちの悪い音が聞こえたり。

ワン切り・すぐ切れる電話は、何度も何度もしつこく・・・。
出ると切れる、出る前に切れるものは、
旦那の携帯と家とを交互にかけてくる事もあった。

警察に提出した約半年の記録だけで、1000回近くあった。
それが10年。・・・よく続いたものだ。
2006.07.03 Mon
次の日、日中は旦那が仕事で携帯を使うので、仕方なく持たせた。

もちろん、帰ってきてからすぐに取り上げた。

「なんか連絡来てた?」
「1回なんか入ってたなぁ・・・」と旦那。

けれど、この時、マズイものは全部削除してきていた。
着信履歴も残ってはいなかった。

用意周到。
自分の身(立場・世間体)を守る為に、旦那も必死だったのだろう。
半分、覚悟はしていたと言うが・・・。
2006.07.03 Mon
まず、不倫が発覚する前日のもの。

相手は旦那が返信していると思っているが、全部私が旦那のフリをして返信している。

前日から、旦那の携帯を取り上げていたが、何度も不可解なメールが来ていた。
私がいる前で電話を取らせたりしていたが、
旦那がバレないように保身しているような気がしていた。

その日、私は旦那の携帯を離さなかった。

内容も、旦那には見せなかった。
自分の考えている関係を前提にメールしていた。
2006.07.01 Sat
もう1ヶ月以上も前の話・・・。

旦那はスッカリ忘れていたようだったけど、
5月22日は、私達夫婦の結婚記念日だった。

無気力な身体を引きずり、頑張って晩御飯を作ったし、
シュークリームを買ってきて食べたけど、

「今日、何の日?」って聞いても、旦那は、「???」だった。

まぁ、そのくらい、私達にとっての記念日より入籍の方が大事だという事なんだけれど。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。